キアポ教会

フィリピンで最も由緒ある教会「キアポ教会」

フィリピンには400年もの歴史を刻む美しい教会、キアポ教会があります。
17世紀につくられたといわれるキリストをかたどった木像「ブラックナザレ」の安置場所として有名で、この像には癒しの力があるとしてフィリピンはもとより、多くのキリスト教信者が世界各国から祈りをささげています。

1580年代後半に建築されたこのキアポ教会は、当時教会として建築されたのではなく、ヤシの葉の帽子を作る工房として建築されました。
1603年、火災で焼失しその後石造りの建物に建て替えられましたが、何度も火災や地震により再建築され、1933年に建築されたのが現存するキアポ教会です。

2つの鐘楼にクリーム色のファザード(建築物の正面のデザイン)、そしてこの教会の美しいドームは見る者の心を奪います。
教会の内装はいたってシンプル、華美な装飾などはありません。
しかし、祭壇の上部に安置されるブラックナザレはまさしく神々しく、くり色のローブに身を包み、十字架を背負い正座している姿は一度見れば忘れることができない姿です。

教会で行われるノナベの祝い

教会では毎週金曜日に、ノナベのお祝いが行われています。
この日は教会とその広場に信者が集い、一部の信者は敬虔さを表すかのように膝馬付きながら歩き、賛美の歌をささげ祈り続けます。
このノナベは大きな液晶スクリーンによって見ることができます。

キアポ教会がある周囲には、たくさんのお店が立ち並んでいます。
キャンドルや薬草などを販売しているお店もありますし、宗教画を販売していたり、占い師などがいたり、不思議な雰囲気があります。
占いなどが好きな方は、この辺りを散策するだけでも価値があるでしょう。

沢山の方が救いを求める地でもありますが、この辺りは多くの観光客が訪れる場所でもあります。
美しいキアポ教会の姿と、経験なキリスト教徒が多く集うナザレの像を見学に、この地を訪れるのもよい経験となるでしょう。

キアポ教会に行くには

キアポ教会はフィリピン、マニラの中心部にあります。
ミランダ広場の中にあり、タクシーやバスなどを利用していくこともできますが、この辺りは非常に渋滞が激しい地域でもあるので、電車で行くのが一番ストレスもない方法です。
マニラライトレール、カリエドという駅から境界までは徒歩ですぐの距離にあるので、電車で移動し、キアポ教会、そしてその周辺のお店などを楽しむといいでしょう。

毎日見学可能です。
ミサの時間などに関しては、キアポ教会のホームページで確認できます。
入場に関しては無料です。
教会の内部は撮影禁止となっていますが、入口からフラッシュなしで撮影する事は可能です。
この歴史深い美しい教会を訪れてみてください。