サンチャゴ要塞

フィリピン マニラの主要防衛拠点だったサンチャゴ要塞

16世紀に建設されたというマニラの主要な防衛拠点だったサンチャゴ要塞は、その後、軍事拠点や刑務所など、様々な用途に利用されてきたのですが、現在は、運タイの歴史、フィリピンの歴史を知る事が出来る重要な場所となっています。
この要塞はスペインに統治されていたスペイン占領前、フィリピンの最後の首長の要塞の上に建てられたものです。

ここからはマニラ湾を一望でき、防衛拠点として実に相応しい場所だったことがわかります。
暗黒の時代と呼ばれた第二次世界大戦時は、このサンチャゴ要塞に多くの捕虜が集められ、地下牢や水牢に入れられ、多くの捕虜たちが殺害されたという憤りを強く感じる建造物でもあるのです。

サンチャゴ要塞を見学しよう

サンチャゴ要塞は敷地内の建物や博物館、地下牢などを見学する事が出来ます。
2時間から3時間程度あれば、しっかり見て回る事が出来るでしょう。
ゲート上部には馬にまたがった木製彫刻、「聖ヤコブ」の像を鑑賞でき、さらにメインゲートには第二次世界大戦末期に壊滅的な被害を受け、再建された姿を見ることができます。

リサール記念館にはフィリピンの国民的英雄と呼ばれる「ホサリサール」のゆかりの品が展示されています。
彼は処刑されるまでフィリピンの独立運動に奮闘した人物で、フィリピンの独立を訴えていたホサリサールは処刑されるまでの2ヶ月間、このサンチャゴ要塞の牢獄に投獄されていました。

芸術作品から著書、ホサリサールが芸術家であり、医師であり、優れた才能を持っていたことを忍ばせる遺品類が展示されています。
ガラス製の壺に眠っているホサリサールの遺骨には、今も彼の命を奪った弾丸あとが残されています。
彼が投獄されていた独房はレプリカとして実際に入る事が出来ます。
この独房から彼は徒歩で、自らが処刑される処刑場へ(現在のリサール公園)歩みを勧めたのです。

リサール公園

サンチャゴ要塞の近くにある、ホサリサールが処刑された場所、元リサール公園は美しい公園です。
ランや熱帯植物を見ることができ、静かでのんびりとしたイメージの公演です。
都市部の中でアジア最大級と呼ばれるこの公園には、ホサリサールの像がありますが、このほど近くに彼の遺体が安置されています。
衛兵に守られている彼の遺体の安置場所から、少し離れたところが彼の処刑された場所です。

この公園には日本庭園、中国庭園があり、またラン園は1ヘクタールの広さを誇っています。
ロッキートレイル沿いの壁を登るのも楽しい出牛、ヒーリングストーンが敷き詰められた場所は、ぜひ、素足で歩いてみてください。
小さいお子さんが遊べる広場もあります。
サンチャゴ要塞に見学に来られた際は、ぜひ、フィリピンの英雄ホサリサールをしのび、またこの広大な公園でのんびり過ごしていってほしいものです。