コレヒドール島

マニラ防衛の要としての歴史

フィリピン、マニラのマニラ湾、そこにぽつんと浮かぶ小さい島があります。
そこはコレヒドール島、古来スペインの灯台と徴税所があり、1900年代からはアメリカが要塞として利用してきた場所です。

島の広さは長径6.4キロ、最大幅も800メートルという小さい島です。
島の各所には戦争の歴史の中では、太平洋戦争時、大砲が57門も設置され、マッカーサーを指揮官とする15,000人もの守備隊がここを陣取っていました。
アメリカ人は10,000人、5,000人はフィリピン人の軍属です。

当時ここには350メートルもある強大な兵隊宿舎であり、フィリピン1の映画館があったといわれます。
巨大な映画館に加えてゴルフ場、テニスコートなども備えられ当時としては類をみないほどの要塞となっていたのです。
このことを見ても、アメリカが当時、この島をどれだけ重要視していたのかわかります。
マニラ防衛の要として知られているこのコレヒドール島ですが、実はフィリピン全土、またアメリカが太平洋西部の覇者として知らしめるために必要な場所だったということです。

パターン半島の行進

1942年、日本軍はコレヒドール島の北側から総攻撃をかけます。
100門という大砲を備え、7000tというとんでもない数の砲弾をこの島に打ち込みます。
島はあっという間に焼野原となりました。
この年の正月明け、すぐに行われたこの攻撃にたまらなくなったマッカーサーは3月17日、真夜中に小型船でこの島から抜け出しオーストラリアにたどり着きます。

5月には島中央に掘ったトンネル要塞「マリンタトンネル」から出て降伏しました。
日本軍はフィリピンの軍属を開放し、残りのアメリカ軍兵士10,000人を捕虜とし、150キロという道のりを食べ物も飲み物も与えることなく歩かせ、しかもそのうちの半分、5,000人を処刑します。
歴史の中に残るパターン半島 死の行進です。

その後、戦況が逆転するとアメリカはすぐにフィリピン奪還を決め、コレヒドール島はまたしても戦場となってしまいました。
日本軍は6,000人という数の兵士がコレヒドール島に立てこもり、マッカーサーはこの地での屈辱の出来事を払拭すべく、艦砲射撃8000tを島に打ち込み、2,000人という数のパラシュート部隊を降下させ、銃撃戦を行います。

アメリカ軍は1945年2月16日、とうとうコレヒドール島に上陸を開始し、3月2日マリンタトンネルに立てこもっていた日本軍を撃破しコレヒドール島を奪還します。

日本軍の6,000人という兵士はマリンタトンネルで集団自決、26人だけが助かりました。
その中6人が女性看護師だったといます。

これから行くのは「お墓参り」

現在、マニラから高速船でコレヒドール島にわたる事が出来ます。
島全体が観光地として整備されて、船にはガイドが乗ってきます。
このガイドは2人いて、1人は日本語、1人は英語を話します。

日本語を話すガイドさんはこういいます。
「私たちが之から行くのはお墓参り」この方は元日本の軍属で、当時14歳だったということです。

アメリカにとっても、日本にとっても、5,000、6,000という尊い若者の命を奪った場所です。
まさしく戦争の生々しい歴史を感じられる地がこのコレヒドール島なんです。