フィリピンの観光名所

代表都市であるマニラ

まずフィリピンを代表する都市であるマニラにはたくさんの観光名所があります。
こちらは街として整備されているだけではなく、古い移籍や大自然が残されていて見どころが多いです。
インストラムロスは城塞都市であり観光の中心となります。

街の中には歴史的な建造物がたくさんあるため、フィリピンの過去に思いをはせることができるでしょう。
フィリピンにある最も古い境界はマニラ大聖堂です。
こちらはインストラムロスの中にあり、アジアでは最大のパイプオルガンが置かれています。

マニラでは最大のマーケットがバクラランマーケットです。
こちらでは色々なものが揃っています。
フィリピンの庶民の生活を身近に感じることができるためおすすめのスポットです。

ホワイトビーチのあるキレイな場所がボラカイ島です。
こちらにはビーチに沿って高級ホテルやレストラン、ディスコなどが集まっています。
エメラルドグリーンの海が広がっており、乾季になると多くの観光客で賑わっています。

ボホール島にはチョコレートヒルという小高い丘があり、乾季になると丘はチョコレート色になります。
他では見ることのできないユニークな光景が広がっているため一度は見ておくべきでしょう。
雨季になるとキレイな緑色となります。

フィリピンといえばセブ島を思い浮かべる方は多いでしょう。
日本人がたくさん訪れるスポットであり、とてもキレイで美しい海が広がっています。
ダイビングに挑戦している方が多いです。

その他の観光名所

フィリピンでは最古の教会がサントニーニョ教会です。
多くの信者が集まる教会であり、奇跡の守護神が崇拝されています。
フィリピンで初めてのキリスト教徒となった人達が洗礼を受けた場所にあるのがマゼラン・クロスです。

フィリピンのアート作品を満喫したいならばメトロポリタン美術館があります。
こちらにはフィリピン人の水彩画や油絵、デッサンなどの作品が多数集まっています。
他にもアジア各国の芸術作品が集められており鑑賞できます。

日本人としてぜひとも知ってもらいたいのはモンテンルパです。
こちらは太平洋戦争の後に日本人の捕虜収容所として使われていた施設です。
刑務所の近くには平和祈念塔や日本人墓地、平和観音像などがあります。

マニラの周辺にはイスラム教徒の方達が100万人いるとされているのですが、その方達の聖地となっているのがマニラゴールデンモスクです。
こちらは1976年に建てられたものであり、この近くにはイスラム教徒の方々がたくさん住んでいます。
元々、マニラはイスラム教徒の土地だったのが占領されたことによってキリスト教化されたのです。
このようにフィリピンには大自然の美しさを感じられるスポットから、歴史や文化の深さを実感できるスポットまで揃っています。