英語公用国としての一面

英語

第二言語として使われる英語

フィリピンではどのような言葉が話されているのでしょうか。
実はフィリピンの公用語はフィリピノ語と英語です。
学校ではフィリピノ語と英語が教えられます。

基本的にビジネスの現場や教育現場、宗教行事などで英語が使われることが多いです。
公用語なのですが、基本的には第二言語として使われています。たとえば、
英語によるテレビや映画に関しては字幕がなかったとしてもフィリピン人は理解できます。

英語を公用語としている国は世界にたくさんあるのですが、その中でもフィリピン人は
英語人口が3番目に多いです。そのため、欧米やアメリカの企業は多数フィリピンに
進出しており、海外就労者の数は多いです。フィリピンで話される英語は
アメリカンスタンダードに基づいたものとなっていますが、タガログ語が
混ざっている時があり、それはタグリッシュと呼ばれています。

フィリピンでは小学校から大学まで英語による教育を行っており、大部分の授業は
英語で行われるため、英語のスキルが身についているのです。また、留学先としても
注目されています。英語が通じることから、フィリピンで語学留学をする日本人もいます。
学生だけでは無くビジネス英語を学ぶために
留学をする社会人も多いようです。

どうして英語が公用語となっているかというと、アメリカの植民地だった
過去があるからです。そのため、英語がかなり普及しているのですが、英語だけではなく
フィリピンが統一して発展するための共通言語が必要だと考えられたため、
フィリピノ語が生まれました。現在ではフィリピノ語が母語として定着しているのですが
今でも多くのフィリピン人は英語も使えます。

ちなみに、公用語として英語が使われているため、専門機関を通じ、
アメリカ留学という形で英語を学ぶ人も少なく無いようです。アメリカの大学には、
フィリピン語を学べる学部も多いため、英語とフィリピン語を同時に勉強することもできます。

【参考】
http://www.ncn.ac/clg/learn.php
 

英語の公用語としての問題点

フィリピンでは街中にたくさん英語があるため、英語ができないと快適に生活できません。
また、良い企業に就職するためには英語が使えることが大切だと認識されているため、
親は子供にきちんと英語を学ばせたいと思っています。
英語が使える方が多いのは現在のグローバル社会において大切なこととなっているでしょう。

ただし、英語教育を小学校の頃から厳しく行っていることには弊害もあります。
なぜなら母語に触れる機会が少なくなってしまうからです。
日本人の中には英語にコンプレックスを抱いている方がいるのですが、それは
国内では母語ができれば生活できるからです。

母語のみを使って何不自由なく生活できるというのは実はとても恵まれた環境なのです。
フィリピンの場合は母語を蔑ろにしてきた歴史があるため、それによって
失われたものはたくさんあります。日本の場合は母語を現在まで維持していることによって、
昔からの歴史や文化などが現在まで継承されているのです。

このような理由から、これからのフィリピンでは母語であるフィリピノ語を重視した
教育が展開されていくでしょう。母語による教育を受けた方が学力が高いという研究もあるのです。