コロン島

フィリピン最後の楽園、透き通る海が美しすぎるコロン島

フィリピンの最後の楽園と称されるコロン島は、透明度の高い海、美しい自然が魅力の島です。
フィリピンのパラワン州に属し、マニラからもほど近いため、多くの方がこの海に訪れます。

この地は、戦争の影響を受けた地でもあるため、太平洋戦闘中にこの海に沈んでしまった沈没船を今も見ることができます。
ここは海の生物の宝庫となっている場所でもあり、ダイビングスポットとしても有名です。

コロン島へ行こう

コロン島はブスアンガ空港からのフライトと、マニラからのフライトがあります。
マニラからはエアフィリピンズ、セブパシフィック、ゼストエアの3社があり、1時間程度で到着します。
最近はセブ島からもアクセスできるようになり、セブパシフィックによるフライトがあります。

空港からは高級ホテルに宿泊される場合、お迎えがきますが、コロン島に行く現地ツアーを利用する場合、相乗りバンを利用する事が一般的です。
コロンの町まで到着するまでに、小さな町を通過します。
こじんまりとしていて、いまだ大きな開発が進んでいない街の様子が見られます。
観光の拠点となっているコロンの街も同じように小さく、癒しを感じる街です。

コロン島ツアーへ参加してみよう

コロン島のツアーは現地に沢山あるので、コースやプランによって利用されるといいでしょう。
例えばあるツアーでは、まず、お目当ての場所に行く前に、アトゥワヤンビーチに立ち寄ります。
フィリピンは各地域に美しい海がありますが、アトゥワヤンビーチもエメラルドグリーンの海、白い砂浜が魅せる最高の色をした海です。

小さい南国らしい海の家のような建物が少し、ツアーではここでランチタイムとなり、フィリピン料理がふるまわれます。
フィリピンの海で取れた新鮮な魚介類、豚肉などを炭火で焼いていただきます。
非常にシンプルな料理ですが、美しいビーチを目の前にバーベキュー気分に浸れます。

ランチの支度もボートマンやガイドさんがしっかりしてくれるので、安心です。
現地のツアーはこういうサービスも含まれているので楽しいです。

ボートに乗っていざ出発、途中いくつかのきれいな島を通ります。
時間があるツアーなら上陸可能という所もあり、余裕がある方は、じっくりこうした小さい島々を見て回るのもいいでしょう。

コロン島バラクーダレイクに到着

コロン島には11もの湖があり、その一つがバラクーダレイクです。
11の湖のうち、公開されているのは9つ、その一つがバラクーダレイクです。
他の湖は切り立った岸壁を登っていなければならないとか、危険なルートを通らなくてはならないという事で、一般の方は立ち入りが禁止され、公開されていないという事です。

バラクーダレイクは海の近くで一般公開されています。
淡水と海水が維持まじっているブラキッシュウォーターの湖で、上層部と中層部が淡水、残りの最下層3割が海水です。
しかも水温が38℃から40℃と、温泉?と思うくらいの水温なので、ここでシュノーケリングをしても体が冷えてしまうといこともなく快適です。
崖の上から太陽光が降り注ぎ、まるで天国のような風景を見ることができる場所です。