フィリピン料理を紹介

中国とスペインの影響

それぞれの国には独自の食文化が発展しています。
日本にずっと住んでいる方は日本食が当たり前のものだと考えていますが、海外に行けばかなり異なった食文化があることを実感できるでしょう。
フィリピンに関しては中国からの影響と、植民地時代のスペインからの影響が混じっています。

フィリピンには統一国家が形成されていなかったために宮廷料理のようなものは存在しません。
これは他の東南アジアの国々とは異なる特徴となっています。
スペイン統治下の時代には、テーブルとイスを使って食事をする習慣やカトリックの特別な食事などがフィリピンの食文化に導入されました。

特にエリート層の間ではスペインの食文化が受け入れられました。
一方、庶民の間には中国の食文化が広まりました。
昔からフィリピンには中国人が交易のために訪れていて、そこから影響を受けたのです。

19世紀になるとスペイン料理や中国料理はフィリピン独自のものとして発展していきました。
世界大戦時にはアメリカの植民地となっていたのですが、その時にはあまり食文化の影響は受けませんでした。
ただし、ファーストフードが流行するようになり、ケチャップがもたらされました。

このような歴史があるため、フィリピンには外国からの影響をほとんど受けていないような料理をあげることは難しくなっています。
フィリピン料理についてはこちらのページでも解説されているため、読んでみてください。
>>http://www2b.biglobe.ne.jp/~mbx/philippines_food_dish1.html

代表的なフィリピン料理

フィリピン料理は淡白なものが多いです。
味としては甘かったり、しょっぱかったり、すっぱいものがたくさんあります。
ただし、辛い味の料理はほとんどありません。

味付けにはパティスやココナッツを使用しているものが多いです。
豚肉や鶏肉がよく用いられており、フェスタの際にはこれらを使った豪勢な料理が振る舞われます。
醤油が使われることもあるため、日本料理の影響も受けています。

フィリピンを代表する料理の一つがアドボです。
これは鶏肉や豚肉を甘辛く煮た料理であり、醤油やニンニク、酢などによって味付けされています。
酢漬けという方法はスペインから伝わったものであり、これに日本からの影響で醤油が使われて、現在の形に完成しました。

魚介類や肉をメインとしたシニガンというスープもよく食べられています。
こちらはタマリンドによる酸味がよくきいています。
スープ料理はご飯と一緒に混ぜて食べられることが多いです。

肉や野菜をピーナッツソースで煮込んだらカレカレという料理があります。
マイルドな味が特徴的であり、見た目はカレーに似ているのですが辛味はなく、味も違います。
他にもチキンスープのティノーラや焼き魚のイニハウ・ナ・イスダ、フィリピン風バーベキューといった料理が特徴的です。